スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

経験って大事だな・・・?\(゜ロ\) ???(/ロ゜)/?

寒さと暖かさが入り混じる・・・

よ~わからん日に行ってきやした霞水系・・・

厳しい洗礼を受けたのはお題から察して頂けると

非常にありがたいのですが・・・

結果から先に言わせて貰えれば無四球完封負け・・・って感じであります

朝は5:30過ぎにマリーナに着くと・・・

予想以上に暖かな感じ・・・

大体8℃くらいかな・・・・・

この日は潮来の桟橋で開催される「K'sカップ」に参戦予定の

マリーナの愉快な仲間達が続々と集合し・・・

一緒に交じりながら出船の準備をしていたのだが・・・

もちろん

ikkeiは参戦なんてしませんでしたよ

お気楽な釣行を楽しもうとしていただけですから

マリーナのスタッフさんに申告していた出船時間は・・・

お気楽釣行故にまったりと7時過ぎ・・・

6時頃からK'sカップに参戦する人たちのランチングが始まり・・・

次々と降ろされていったのだが・・・

手際が良過ぎて

6:20頃にはikkeiに

「降ろしちゃいましょうか

のお声が掛かる

問題は無かったので・・・早めの出船

川の流れに身をまかせ

なんて歌っていたかどうかは定かではないが・・・

川の上でリグる事に・・・

それからマリーナの前の川で釣りを始めるも・・・

葦・水路・・・丁寧に撃ち続ける事1時間弱

答えは見つからず・・・まったくのノーカンジ

利根川に挑戦しようと閘門をくぐる・・・

バサクラのリリースフィッシュでも狙ったろうかと

建設省ワンドにバウを向ける・・・

K'sカップも手伝ってか・・・

同じ事を考える人がやっぱりおった

プレーンを解くと見渡す限り5~6艇は浮いていたような気が

同じ所では無いけれど・・・

萎えた気持ちが横利根の閘門に誘い込まれていった・・・敗因1

閘門を操作し・・・

観音開きの閘門が開いた瞬間

自分の愚かさを体感する羽目に・・・111127_0855~01
見事なへら師の船団とボート1艇分あるかないかの航路

閘門の中でUターンを試みるも・・・

横利根の閘門はちと勝手が違うようで一度通過しなければ

戻れないようで

ここで・・・考えてみたのは閘門を一度出て再び利根川に

戻るには40分近く掛かるという事と40分あればこの狭き

航路を抜けられるのでは

という選択の葛藤

ikkeiは後者を選ぶ事に敗因2

画像では分かりにくいが・・・

両端のへら師の船から竿を振り出しているので

約ボート1.5艇分くらいの航路しかない・・・

エレキFULL MAX状態で抜けて行く事を選択

流石にこの状態でエンジン走行をする勇気がikkeiには無かった敗因3

行けども行けども・・・へら師の船団は途切れる事は無く・・・

結局・・・・・約2時間掛けてエレキFULL MAXで大曲まで来た頃には

バッテリーのランプが赤色を示していた敗因4

エンジンを掛け北利根の端まで来た頃には

心も体も折れる寸前だった・・・・・

経験をしなければ分からない事・・・

そして自分の中でそれを糧にしなければ

ボートには乗っては居られないと改めて思わされた1日だった・・・

結果は完全なる敗北に終わり・・・・・

早めの撤収を余儀なくされた事は言うまでも無いが・・・

そのあとにちょっぴりやったおかっぱりでも結果は出ず・・・

沈黙の日は終わったのであった








スポンサーサイト

Tag:釣行記  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

.ikkei.

Author:.ikkei.
楽しく・・・
優雅に・・・
まったりと・・・

そんな日常だったらどんなに幸せだろう(笑

少しでもそれに近づけるよう日々精進しております・・・

そんな輩の戯言で良ければ覗いて行って下され!

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。